MENU

相続における生前対策

相続の準備をしていなかったご家庭は必ずと言っていいほど、何らかの問題が起きています。「うちには大した財産はない」「家族は仲がいいのでもめごとなんて起きない」そう思っているご家庭は要注意です。


生前の対策はできるだけ早くから準備しておくことが賢明です。

生前に相続で考慮しておくべき対策は、①相続税を減額②相続トラブルを防止③納税資金を確保の3つを考慮しておく必要があります。

① 相続税を減額

相続税の減額対策は、「贈与を活用すること」と「財産評価を下げること」の大きくわけて2つあります。

 

贈与を活用する場合、贈与税は1年間にいくら贈与したかによって税額が決まってきますので、低い金額の贈与を長期にわたって行えば、税額を抑えることが出来ます。

 

また、「財産評価を下げる方法」には更地にアパートを建てることで「貸家建付地」にしたり、小規模宅地等の特例を適用出来るように工夫して評価額を安くする方法があります。

 

>>相続税の節税対策はこちらをご覧ください。

② 相続トラブルを防止

相続問題では親族間でも遺産をめぐってもめ事が発生することはよくあります。これらはお金のあるところの問題で自分には関係ないと思っていらっしゃる方がいますが実際はむしろ逆で、普通の家庭の方が多く発生しています。「相続争い」を防ぐというのも、重要な対策になります。

相続でもめてしまい、普段は仲が良かった兄弟や家族間でも関係が悪くなってしまったというケースも少なくありません。

 

たとえば、元気な時に遺言書を作成し、自分の意思をはっきりさせておくことは非常に有効な相続争いの防止策です。

 

その他、資産を分けやすくしておいたりするなど、事前にもめないような対策をしておくことが重要になります。

③ 納税資金を確保

相続税対策としてその額を下げることは勿論大事ですが、いくら下げたとしてもその税金を支払う資金がないとそれは事前対策として十分とは言えません。

 

多額の現預金を残せる場合であれば問題ありませんが、そうでない場合には事前に相続税がどれ位になりそうか、それに対して納税資金の過不足分析を行い、足りない場合は早い段階から考えておく必要があります。

 

逆にいうと、直前や相続が発生してからでは、対策できることが限られてしまいます。

早ければ、対策の幅が広がりますので、少しでも心配のある方は早めにご相談されることをお勧め致します。

 

>>納税資金の準備はこちらをご覧ください。

 

 

相続対策には時間がかかります。

より多くの節約をしたい方は、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 


生前対策サポート

相続発生後サポート

事務所案内

高田公認会計士・税理士事務所
事務所代表 高田直史

私達は「税理士もサービス業である」を基本にしていき、お客様にお役に立てることのみを願っている唯一かつ最高の相談者であり続けたいと思っております。

>>代表紹介

連絡先

Tel :045-681-3848

Fax:045-681-3849

所在地

〒231ー0011
神奈川県横浜市中区太田町4-48 川島ビル4F

みなとみらい線馬車道駅徒歩2分
市営地下鉄・JR線関内駅徒歩5分


© 2019 横浜相続税相談センター All rights reserved.