MENU

相談センターブログ

相続税の節税対策の効果は、相続税が発生する前にだけであると考えている人も少なくはありませんが、実は、相続発生後でも十分に効果のある対策はあるのです。まず、最初に行なうべきこととしては、相続人の人数を確認するということです。例えば、再婚をしている場合

相続対策を考える際に、一番頭を悩ませるのが納税資金です。相続税の支払いは、実際に相続が発生しないことには払いようがありません。現金であれば何とか工面することもできますが、不動産などの場合には土地の評価額に見合った額を用意しておく必要があり、それが払

相続税が発生するのは、一定の評価額以上の財産を持っている所有者が亡くなった時に、親族などが引き継ぐ場合です。たくさんの財産を手に入れられる一方で、割と高い税金を取られる結果になりますから、注意しなければなりません。 税金が発生する相続財産の対象と

相続税の豆知識_相続対象

◇2017年1月23日◇

財産を持っている本人が死亡すると、それを引き継いだ人に対して相続税が発生するようになります。税金が発生するのは、対象の財産が課税対象になるのかがポイントです。一般的によく知られているのが、不動産です。土地や建物、農地などが当てはまります。建物は自己

相続税は亡くなった人の遺産を受け継いだ人が納める税金です。相続税を納めることが必要になるケースは、相続財産の額が基礎控除を超える場合だけであり、基礎控除は3000万円+(法定相続人×600万円)になります。よって、法定相続人が3名の場合は、相続財産

税金の問題で案外大きくなりやすいものとして相続税があり、この税金に対しては適切な対応が必要です。相続にかかる税金は結構な金額になりやすいですが、一括で支払わないといけないため負担は大きめです。 場合によっては分割で支払えることもありますけど、基本

大切な家族が亡くなった時に、その人が財産を持っていたなら、家族などの相続人が残された財産を引き継ぐことができます。引き継ぐ際の財産の金額によっては相続税がかかってきます。 税金の計算は税のプロである税理士に頼むのが一番ですが、一般の人にもわかりや

相続税と相続税対策

◇2017年1月19日◇

相続が発生した場合には、被相続人に対して相続した財産の額(法定相続分)の金額に応じて決められた税率の相続税を納めることになります。ただし、全額が課税対象というわけではなく、やはり法定相続分に応じた基礎控除額が定められているのです。 相続税は加減は

相続税は、高い確率で戻ってくるとされています。国税庁が公表している最新のデータによれば、1件あたり平均1,200万円も相続税還付されているそうです。 相続税還付の金額が大きな理由の多くは、土地の相続税評価の間違いです。そもそも相続税の土地の評価方

相続税を納める時、どれだけ税率を下げることが出来るかということが問題になります。そのときに重要なポイントになるのが基礎控除額です。そもそも、相続においては相続した財産がすべて課税対象になるわけではありません。相続財産から基礎控除額を差し引いて超過し

相続税をいくら支払うのか、その計算方法は相続する遺産の種類によって大きく変わります。単に現金だけであれば簡単に計算をすることができますが、土地などの不動産が絡んでいる場合には一転してややこしさが生まれます。いくつも相続する遺産が存在するという場合に

相続税の手続きをする場合、必要な書類が税務署から送付されてくることもありますが、送付されてこないこともあります。必要書類が手元に贈られてこなかったからと言って、手続きをしなくても良いというわけではありませんので、手続きをする必要があるか否かをしっか

相続税とは財産を相続する際に課される税のことをいいます。相続税は亡くなった人の財産に対して一定の税率を乗じて計算しますが、財産の中にはプラスの財産だけではなくマイナスの財産もあります。   例えば、土地や建物、預貯金、有価証券などは価値のあるプ

相続税は、所得税や消費税と同様に申告納税制度が採用されているため、自分で課税の対象となる財産の総額を計算して税務署に申告を行い、納税を済ませる必要があります。相続税の申告と納税は、相続の発生を知った日の翌日から10ヶ月間で行わなければなりませんが、

相続税に関する申告書作成にあたり、その準備資料を用意することが求められます。相続する対象となるものが多ければ多いほど、それだけ準備資料も増えることから、相続に向けてある程度の用意をしておくということも必要となっていきます。また、法定相続人がかなり広

相続が発生したとき納めなければいけないのが、相続税ですが手元に現金がなければ納めることが困難です。もちろん、相続した財産もありますが、不動産や貴金属などであれば、それを換金するまでに時間がかかりますし、生活に必要な家や店舗であれば売却する事もできま

 最近では離婚も珍しくありませんので、相続のご相談に再婚されたご夫婦やその相続人の方々も来られます。  ご夫婦は子供さんに恵まれず、ご主人が亡くなられた直後に奥様が亡くなられました。先妻との間には子供二人がいましたが、後妻は先妻の子供たちとは養子

 自分の死後、家族が揉めないように、遺産の相続を自分で決めたいと遺言を残したいと思っている人は少なくないと思います。遺言というと、まず「自筆証書遺言」を思いつくでしょうが、以下のような問題が起こりやすいので、気をつけて下さい。1.PC等活字で書かれ

遺産相続の問題は、亡くなってから行うと配分でトラブルになるかもしれないことと、多額の税金を納めなければいけないことから、生前贈与をする方が増えてきました。確かに、被相続人が生きているうちに、すべての手続きを行えば、本人の意思を確認しつつ分配できるの

財産が多い、資産を譲りたくない子がいる、自分が死亡した後の税負担をできるだけ押さえたい、孫に直接資産を譲りたい、そんなケースで有効なのが生前贈与です。 相続税の課税対象範囲は徐々に広がりつつありますが、それでも妻子の残す主な財産は自分たちが住んで


最新記事

アーカイブ

2019

生前対策サポート

相続発生後サポート

事業所案内

高田公認会計士・税理士事務所代表

私達は「税理士もサービス業である」を基本にしていき、お客様にお役に立てることのみを願っている唯一かつ最高の相談者であり続けたいと思っております。

>>代表紹介

連絡先

Tel :045-681-3848

Fax:045-681-3849

所在地

〒231ー0011
神奈川県横浜市中区太田町4-48 川島ビル4F

みなとみらい線馬車道駅徒歩2分
市営地下鉄・JR線関内駅徒歩7分


© 2020 横浜相続税相談センター All rights reserved.