MENU

スタッフブログ

「生前贈与」カテゴリの記事一覧

生前贈与を受けた者の相続分を修正し、公平に相続させるべきである

◇2016年11月09日◇

遺産相続の問題は、亡くなってから行うと配分でトラブルになるかもしれないことと、多額の税金を納めなければいけないことから、生前贈与をする方が増えてきました。確かに、被相続人が生きているうちに、すべての手続きを行えば、本人の意思を確認しつつ分配できるの

続きを読む

生前贈与と相続対策について

◇2016年11月08日◇

財産が多い、資産を譲りたくない子がいる、自分が死亡した後の税負担をできるだけ押さえたい、孫に直接資産を譲りたい、そんなケースで有効なのが生前贈与です。 相続税の課税対象範囲は徐々に広がりつつありますが、それでも妻子の残す主な財産は自分たちが住んで

続きを読む

遺産相続を生前贈与した場合の税金について

◇2016年11月07日◇

遺産相続は基本的に遺産を所有している人物が亡くなってから相続に関する話をするというのが一般的なのですが、税金問題などに対する対策として最近では生前贈与を検討すると言う人が増えてきているとされています。どういうことなのかというと、生前贈与をすることに

続きを読む

生前贈与でも相続財産に含まれるもの

◇2016年11月06日◇

相続税の対象とならない金額が法改正で少なくなったこともあって、多くの人が相続税対策を講じるようになっています。その一つが、生前に贈与してしまうという方法です。年間一人について110万円までの贈与は課税もされませんし、申告も必要ありません。 しかし

続きを読む

生前贈与を受けた者の相続分を修正し、公平に相続させるべき

◇2016年11月05日◇

なくなる前に自分が保有している財産やものを息子や娘といった子供たちに分配したり、兄弟に分配することが生前分与です。遺書では渡そうとしている本人がもうこの世にいなくなっているので、もめごとになると話し合いにならずに大問題になります。   しかし、

続きを読む

相続と生前贈与、メリットが大きいのはどっち?

◇2016年11月04日◇

シニアと呼ばれる年齢に突入したなら、将来のことを考え、今ある財産をどのように残された家族に受け継がせていくのか考えなければなりません。普通に受け継がせるだけなら簡単なものの、その際には税金の対策を行わなければ、残された家族に負担がのしかかってしまい

続きを読む

相続税の債務控除は生前贈与加算の額からも控除可能?

◇2016年11月03日◇

相続をする際に必ず納めなければいけない税として、相続税が有ります。この税は財産を相続する人が相続を行う財産全てに関して課税される税で、現金で相続される分のほか、不動産や資産などすべてについてその評価額を基準に算出されるため、不動産や資産が多い場合に

続きを読む

生前贈与と相続対策

◇2016年11月02日◇

生きているうちに財産を贈る生前贈与を利用すれば、相続財産が減るので相続税対策に有効です。生前贈与にかけられるのは贈与税で、法改正により60歳以上から財産を贈与することができるようになりました。財産を受け取る側もかつては20歳以上の子供までしたが、現

続きを読む

相続税対策:生前贈与のやり方

◇2016年11月01日◇

遺産相続を行う場合に、自分が亡くなってから遺族に相続を行うと遺産の金額によっては多額の相続税がかかってしまうことが少なくありません。その為、自分が生きているうちに子どもや孫に財産を贈与する生前贈与が注目を集めています。景気回復の為に消費を増やそうと

続きを読む

相続税の節税対策_生前贈与

◇2016年10月31日◇

2015年1月から相続税に関する課税が拡大されています。その結果、今まであれば課税の対象でなかったケースでも課税対象となり、相続税の思わぬ支払いに驚く人も少なくありません。不動産だけしかない場合などは仕方ないですが、現金などを多く持っている場合など

続きを読む

相続人の中で生前贈与を受けた者とそうでない者とで同じ相続分とするのは不公平(2)

◇2016年10月30日◇

相続人の中で生前贈与を受けた者と、そうでない者とで同じ相続分となるのは、たしかに不公平です。例えば、4人の兄弟がいたとしましょう。被相続人である父が、長男にだけ生前贈与として200万円あげていたとしましょう。そして、いざ父が亡くなり、その父の遺産1

続きを読む

相続人の中で生前贈与を受けた者とそうでない者とで同じ相続分とするのは不公平

◇2016年10月29日◇

遺言がない場合、相続財産は法定相続人で法定相続分に従って分配されることになります。しかし、ここで問題となるのが、相続人の中に生前贈与を受けていた人間が存在し、相続分が同じであるというケースです。これだと特定の人物だけが恩恵を受け、他の相続人が割を食

続きを読む

生前贈与と相続対策について

◇2016年10月21日◇

課税枠があるため課税対象にならない、つまり税額なしになることが多いです。資産が大きくなく、譲るのは妻子のみ、という場合は生前贈与の有効性は少ないかもしれません。 逆に、残す資産が多ければ相続税が累進課税によって膨らみますので、贈与税の方が安く済む

続きを読む


最新記事

アーカイブ

2018

生前対策サポート

相続発生後サポート

事業所案内

高田公認会計士・税理士事務所代表

私達は「税理士もサービス業である」を基本にしていき、お客様にお役に立てることのみを願っている唯一かつ最高の相談者であり続けたいと思っております。

>>代表紹介

連絡先

Tel :045-681-3848

Fax:045-681-3849

所在地

〒231ー0011
神奈川県横浜市中区太田町4-48 川島ビル4F

みなとみらい線馬車道駅徒歩2分
市営地下鉄・JR線関内駅徒歩7分


© 2019 横浜相続税相談センター All rights reserved.