MENU

地積規模の大きな宅地の評価について~そのマンションも対象になるかもしれません~

2020年5月11日

 広大地の評価「広大地の評価」が廃止され、「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されました。
 地積規模の大きな宅地の評価は、課税時期が平成30年1月1日以降から適用されています。

 広大地の評価なんて、大きな土地を持っている地主みたいな人には関係あるけど、自分の親は、不動産といっても、低層のマンションを一室持っているだけ
だから、関係ないよと言っていた方も、もしかしたら適用要件を満たせば、この「地積規模の大きな宅地の評価」の対象になるかもしれません。

 では、どのような要件をクリアすればこの制度を受けることが出来るのでしょうか?

 以下の4つの要件を満たせばよいのです。

まずは、①面積です。
マンションの敷地の面積が、三大都市圏では、500㎡以上、三大都市圏以外では、1,000㎡以上であることが要件です。

次に②路線価の地区です。
マンションの敷地が普通商業・併用住宅地区又は普通住宅地区であることが要件です。

また、都市計画において、③用途地域が工業専用地域以外であることが要件です。

最後に容積率です。④マンションの敷地の容積率が400%(東京都の特別区においては300%)未満であることです。

以上の4つの要件を全て満たせば、地積規模の大きな宅地として、マンションの敷地でも、評価減を受けることが出来ます。従来の広大地の評価では、マンションの敷地に出来るような土地は、適用を受けることができませんでした。

地積規模の大きな宅地の評価が適用された土地の評価額は以下の計算式で計算されます。

 地積規模の大きな宅地の評価額=路線価×各種補正率×規模格差補正率×土地面積規模格差補正率が対象となる土地の面積などにより変わってきますが、0.8程度なので、適用されない場合と比べると20%程度の評価減を受けることが出来ます。

 容積率が400%(東京都の特別区は300%)未満という要件があるので、高層マンションでは適用対象外でしょうが、中低層のマンションの場合には、適用を
受けられる可能性があるので、必ずチェックが必要です。

 

 


最新記事

アーカイブ

2019

生前対策サポート

相続発生後サポート

事業所案内

高田公認会計士・税理士事務所代表

私達は「税理士もサービス業である」を基本にしていき、お客様にお役に立てることのみを願っている唯一かつ最高の相談者であり続けたいと思っております。

>>代表紹介

連絡先

Tel :045-681-3848

Fax:045-681-3849

所在地

〒231ー0011
神奈川県横浜市中区太田町4-48 川島ビル4F

みなとみらい線馬車道駅徒歩2分
市営地下鉄・JR線関内駅徒歩7分


© 2020 横浜相続税相談センター All rights reserved.