MENU

国際結婚で起こりうること

2019年3月10日

国際結婚相続自体を、私はまだ取り扱ったことはないですが、諸外国では、日本と状況が変わりますので、以下、皆様の何かのご参考になれば幸いです。

 

橘玲さんの小説のダブルマリッジ(戸籍上の重婚)の様なことが海外では起こりえます。

 

タイで結婚をするためには、日本人は日本で結婚していない証明書をタイの役所に提出する必要があります。

 

しかしながら、ミャンマーでは、日本で結婚していない証明書の提出なしで、現地での結婚が可能です。

 

現地の結婚証明書を、日本の戸籍の部署に送ると、日本で既に結婚されている状況であっても、さらに戸籍に配偶者として載ってしまうとのことです。
(実際に行って確認を取ったわけではございません。)


こちらがダブルマリッジの状況となります。

 なお、ミャンマーは、3年前くらいまでは、イスラムの考えも取り入れていましたので、男性は何人の女性とも結婚が可能でした。

(現在は改正されて出来なくなりましたが、某財閥の第6婦人が日本人でした。)

 

 タイには最近になって、相続税が出来ましたが、ミャンマーでは、相続税の制度自体がありません。

 

この記事の関連記事

今年度の相続に関する税制改正では、事業承継税制の見直しと、小規模宅地特例の見直しが大きくクローズアップされているようです。その他の改正もいくつかありましたので、今回はこれを取り上げます。   1. 一般社団法人等に関する相続税・贈与税の見直し

小規模宅地等の特例は、被相続人等の居住の用または事業の用に供されていた宅地について、相続税の課税価格を減額する特例です。 平成30年4月1日以後に相続または遺贈により取得する財産に係る相続税について下記の改正が行われます。   1.介護医療院に

我が国の相続税は1905年、日露戦争の戦費を補う税として登場しました。 当時の大蔵省は酒税や所得税、地租(固定資産税)を相次いで増税しましたが、それでも足りず、欧米にならって臨時で導入したのが相続税でした。日露戦争後、ロシアから賠償金が支払われず


最新記事

アーカイブ

2018

生前対策サポート

相続発生後サポート

事業所案内

高田公認会計士・税理士事務所代表

私達は「税理士もサービス業である」を基本にしていき、お客様にお役に立てることのみを願っている唯一かつ最高の相談者であり続けたいと思っております。

>>代表紹介

連絡先

Tel :045-681-3848

Fax:045-681-3849

所在地

〒231ー0011
神奈川県横浜市中区太田町4-48 川島ビル4F

みなとみらい線馬車道駅徒歩2分
市営地下鉄・JR線関内駅徒歩7分


© 2019 横浜相続税相談センター All rights reserved.