MENU

「相続金額を決めるのはいつだったのか」 介護の果てに向かえた大きな亀裂

2014年3月10日

相続は、相続税がかかる人だけの問題かと、
タカをくくっている方はいませんか?
とんでもありません。相続は、私たち全員に関係する大切な問題です。
今回は、相続が原因で兄弟が仲違いをしてしまったごくごく普通の家族のお話しをし
ましょう。

70 歳になるH さんには、長女M さん、次女K さん、三女A さんの
3 人の娘がおりました。
全員が嫁ぎ、孫にも恵まれて、幸せな生活をしておりました。
でも、寄る年波には勝てず、H さんは75歳のときに近所に住んでいた
長女M さん一家と相談し、自宅を改築して、長女M さん家族と
同居することにしました。

H さんは同居を始めた最初のお正月に、H さんは娘を全員集め、
全財産の3,000万円につき、自分の死後、M さん、K さん、A さんの3 人で
1,000 万円ずつ分けるようにと言いました。

その後、90 歳でH さんは大往生を遂げたのですが、80 歳くらいまでは
歌舞伎が好きで、毎月5万円を超える金額を観劇に使っていました。
また、80 歳を超えるころからH さんは、認知症を患い、
同居していたM さんも、介護の日々が続きました。
毎月、15 万円くらいの医療費が嵩み、亡くなる前には、H さんが持っていた
3,000 万円の現金は、500 万円くらいに減っておりました。
H さんのお金の管理は、M さんが行っており、K さんやA さんに対しては、
生計が別ということもあり、Hさんの預金の減り具合までは話していませんでした。
そんな中で、H さんの財産はほとんど残っていない状態になったのです。

H さんの四十九日後、K さんとA さんからの求めで、
M さんは遺産の状況を説明しました。
初めてM さんからH さんの財産の状態を聞いたK さんとA さんは、
M さんの説明を疑いました。
それどころか、H さんから口頭で聞いた1,000 万円につき、
自分たちに権利があると主張をし、M さんが自分たちの貰うはずだった財産を
生活費に使ってしまったのではないかとM さんを非難し始めたのです。
M さんも、介護の日々に疲れて、H さんの財産の使い道を詳細に
記録していなかったこともあり、妹たちに感情的な対応をしてしまいました。
M さんは、K さんやA さんに対して、
「K さんとA さんは親の介護もしていないのに、
20 年も昔の財産に対する権利ばかり主張をする」と避難し、
K さんとA さんはスクラムを組んで、
「M さんが介護にことつけて親の財産を勝手に使い込んだのは許せない」と、
近所にビラでばらまいて、お互いに主張を激化させてしまったのです。

結局、弁護士を入れましたが、長女と次女・三女との関係は
元には戻りませんでした。
なぜこうなってしまったのか、原因を考えますと、遺産分割の仕方を、
親の生前に、兄弟間で理解し合うことなく、
お互いに自分に都合の良いように考えていたことに尽きるでしょう
財産の多寡に拘わらず、関係者間のコミュニケーションを
密にしておくことが大切なのだと痛感した案件でした。


最新記事

アーカイブ

2019

生前対策サポート

相続発生後サポート

事業所案内

高田公認会計士・税理士事務所代表

私達は「税理士もサービス業である」を基本にしていき、お客様にお役に立てることのみを願っている唯一かつ最高の相談者であり続けたいと思っております。

>>代表紹介

連絡先

Tel :045-681-3848

Fax:045-681-3849

所在地

〒231ー0011
神奈川県横浜市中区太田町4-48 川島ビル4F

みなとみらい線馬車道駅徒歩2分
市営地下鉄・JR線関内駅徒歩7分


© 2020 横浜相続税相談センター All rights reserved.